サラリーマンを辞めて1年。素直に今の気持ちを書いておきます。

人生

 

サラリーマンを辞めて、もう間もなくで1年が経ちます。今、思うこととを素直に書き残しておこうと思います。

 

1年前には想像できなかった場所にいる。

今、僕は東京にいます。日本一周の旅を中断して、旅資金を稼ぐためにアルバイト生活をしています。サラリーマンを辞めると決意した時には想像つかなかった現在地です。この1年良かったことも悪かったこともたくさんありました。今の現在地も良かったと捉えるべきなのか、そうでない形として捉えるのかは自分次第ですが、25年間の人生で一番濃い1年だったことは間違い無いです。

 

僕がサラリーマンをやめようと決意した1年前。「あぁ、このまま1年が終わって。また来年も今と変わらない生活を続けて。そうやって年取っていくんだろうな。そんなの嫌だな」って思ったんです。

先が見えてしまったというか、1年後の自分に対して全くポジティブなイメージをすることができませんでした

今の生活、旅の生活はよくも悪くも1年先どころか、1ヶ月先ですら未確定のまま進んでいくことがあります。でも、それって僕はとてもポジティブなことなんだと思ってます。めちゃくちゃしんどいことが起きることもあれば、そんなときに限ってスーパー素敵な神様に出会ったり。そんな出会いでその先の1ヶ月が動いたり。予測できない、予見できない楽しさがあります。

 

正直、苦しい時期もありました。いや、むしろ今が一番しんどいかもしれません。(笑)

「なんで俺はサラリーマンを辞めて、旅に出ているんだろう。」お金がないときはこんなことを考えてしまいました。Facebookをみて、都会で楽しそうにしている友達の写真を見ると、「なんで俺はこんなところでテント張って寝てるんだろう」って思うこともありました。

 

でも、それも全て自分で決めたこと。自分で決めたからこそ、先をみて進むことができました。

 

好きなことを仕事にしたい。自分の人生で成し遂げたい目標に向かって進みたい。

そう考えてサラリーマンを辞めて1年。

同じことを考えている人には、このブログを書き始めた当初と変わらず、伝えたいことがあります。

 

それは「やりたいことがあるんだったら、世間の目なんて気にしないでやってしまえ」ということです。

僕は1年9ヶ月で会社員を辞めました。辞めて2ヶ月後に日本一周の旅に出て8カ月旅をした後に、今は資金不足でアルバイト生活をしています。

会社員を辞めて、旅に出て、アルバイト生活。

世間一般でいえば完全に脱落者ですよね。(文字にすると強烈ですね。改めて思いました。笑)

それでもこの1年本当に充実していました。自分のやりたいことをやって。お金はないかもしれないけど、自分の目標に向かって突き進んで。もちろん色んな人にたくさん支えられてきたのだけれども、生きてるって感じがものすごくして。

 

他人にもいろいろと言われることもありましたし、公文書の職業の欄に何て書いたらいいんだ?って最初戸惑いました。そして、フリーターって書くのが恥かしかったです。

でも、それでも僕は今の人生の方が、サラリーマンとして同じ生活をもう1年するよりも良かったと思います。

 

それくらい、やっぱりやりたいことがあるし、やりたいことをやっているという実感があるのです。

だからこそ、伝えたい。「やりたいことがあるんだったら、世間の目なんて気にしてないでやってしまえ。そうしないと時間がもったいない」っと。

 

世間や親の目、色んな障害があると思います。だって、社会のレールから外れるのですから。でも、その障害をのかしてでもやりたいことがある。それほどに強いものがあるんだったら絶対にやるべきだと思います。

 

別に社会のレールから外れたっていいじゃないですか。

外れて生きてる人なんてたくさんいますよ。

むしろ、社会のレールから外れた人が社会を作ってますよ。

成し遂げたいその何かが社会をもしかしたら動かすのかもしれない。いや、動かしたい。

 

そんな思いがあるんだったら、今すぐにでも動いて欲しいです。

僕と同年代で悩んでる人、きっとたくさんいると思います。

無責任に聞こえるかもしれないけど、「えい!」って飛び出しちゃえよ!って言いたい。

20代なんて経験してなんぼでしょ?20代で経験できなかったら、30代でなんてもっとできないでしょ?ましてや、40代以降なんてもっと。

旅をしてて、みんなに言われました。「俺も若い頃にそんなことしてみたかったな」って。

ぶーぶー言ってくる人たちは結局はやらなかった人、できなかった人、決断できなかった人なんです。

だからこそ、そんな社会の目、気にしてたってしょうがないと思います。

 

熱く語ってしまいましたが、僕の素直な気持ちです。

どこかで誰かの参考になればいいですね!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント

  1. こんにちわ。
    思い切って行動されているのですね。
    他の記事も興味が湧いたので読ませていただきます。
    社会のレールが間違っていたら?
    そこに気付いたら人生が自分のものになるよつな気がします。
    親のレールやマスコミのレールが正しくないのは明白ですからね。

    • イケメンマッサンさん
      コメントありがとうございます!
      自分でも思い切ってやったなーとは、振り返ってみて思います。
      いずれにせよ、全く後悔の人生を歩めているので自分の人生に満足してます。