共に切磋琢磨できる仲間って、素敵だなって話

 

どもどもキャンプ日本一周は現在、宮城県まで来ました!詳細はこちら

 

一昨日まで前職アイリスオーヤマの同期とキャンプをしておりまして、その時にやっぱり同期って素敵だなって感じたので、ここに書いておこうと思います。

 

共に刺激し合える関係って大切

久しぶりに会う同期。ちょっと会わない間になんだかすごく大人っぽいというか社会人っぽい感じになってて。いや、そりゃ社会人3年目だからそうなんですが。

ドロップアウトした僕からするとなんだか少し遠い存在の様に感じて。

 

ただ、誰が昇格したとか、誰が活躍してるっていう話を聞くとやっぱり悔しくて。

僕は自分で言うのもなんですが、すごく難しい仕事をさせてもらってました。とても1年生ではやらないような事を無我夢中でやってました。おかげさまで評価はして頂いてました。しかし、いかんせん実績が出せませんでした。

もちろん色んな逆風もありました。でもそれは言い訳。営業マンは結果が全て。

だから前の会社に未練がないのかというと、そんなことは無くて。やっぱり実績を出して辞めたかった。

 

当時、ライバルだと思ってた同期がやっぱり結果を出してて。それを聞くと本当に悔しいですね。

 

僕は当時、誰よりも同期の中で先頭を走る気持ちで仕事に取り組んでいました。そのせいか、難しい仕事もたくさんやらせてもらえました。

 

今、会社を辞めて思うと

同期がいたからあそこまで頑張れたなって思います。それは結果面もそうだし、精神的な面も。

あいつがやってるなら俺も負けられねー!

あいつが助けてくれたから、まだまだやれる!

 

そんなことがいくつかあったなーって思い出しますね。

 

そうやって競い合う仲間がいることって本当に素敵なことだなって思います。

 

ただ、逆を言うとまだまだ自分は甘いなっとも感じました。

誰かがいないと頑張れないってのは甘い証拠で、ライバルが居なくたってもっともっと生ききらないといけないなって。

 

まだまだ自分は甘いし、今のままじゃかつての同期達に胸張って会えないな。

他人と比較することが全てではないけれどモチベーションのアップには必要なことかもしれませんね!

 

もっともっと毎日、どん欲に、大切に生きよう。

いつかの同期達をあっと驚かせるようなことを仕出かしてやろう!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント