恩返しは当たり前であって、当たり前ではない

ちょっと意味不明なタイトルで始まりました、お久しぶりです!

 

今日は埼玉県秩父市におります!

 

キャンプ場に泊まりながら

キャンプ場のお手伝いをしたり

IMG_3853

 

 

以前お世話になった秩父市議候補の清野和彦さんの選挙のお手伝いをしながら

 

生きております。

 

さてさて、

キャンプ日本一周を始めてから、もうすぐ一ヶ月が経ちます!

 

ありがたいことにたくさんの方々に支えられて、ここまでくる事ができました!

(というてもまだ4県目ですが笑)

 

ご縁いただいて、見ず知らずの僕らを助けてくださった方々には感謝の気持ちで一杯で

いつか、恩返ししたいと思う今日この頃です。

 

 

ただ、この「恩返し」って言葉

僕はこういう風に捉えてます。

 

「恩を返すのは当たり前。恩を次の人に送って初めて恩返しが成り立つ」

 

助けてくださった方々からの援助は僕らで止めてはいけない。

 

もし、僕が年をとって

あるいは、日本一周の旅の途中や旅が終った後

 

今、僕らが皆さんにして頂いている事を

 

困っている人

夢を持っている人

 

にしてあげたい。

手助けしてあげたい。

 

「恩送り」をしていきたい。

 

こう思ってます。

 

これができて初めて

今助けて下さってる皆さんに恩返しができるんじゃないかな?

皆さんの意向を次に届けて恩返しになる。

 

そんなことを考える今日この頃です。

さぁ、明日もキャンプ場のお手伝いだ!!

おやすみなさい^^

 

 

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
キャンプ日本一周人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント