自らを信じるということ

ここ数ヶ月、僕は自信を失っていました。

何をするにしてもこれでいいんだろうか、これで誰かを傷つけてしまわないだろうかと、ことあるごとに考えて何もスッキリしないままに時間だけが過ぎていました。

なぜ、そうなったのか。

それは自分に嘘をついていたからではないのかなーって思います。

素直に、本当に自分がやりたいことが心の中にあって、だけど周りの目や体裁を気にしてばかりで、心からやりたいことに嘘をついて過ごしていた気がします。

自分の心に嘘をつくとなんだかエネルギーが出てこないです。エネルギーが出てこないからやる気が起きない。あるいは中途半端なやる気で物事を進めてしまう。結果として、出来上がった成果物はもちろん中途半端。その結果に落胆する。そんな日々でした。

よく、やりたいことがわからない。っという話を聞きます。

僕にだって最初からやりたいことがあったわけではないです。だけど、日々を一生懸命生きていたら、いつの間にかやりたいことが見つかって、今に至るのです。

自信がなくなっていた自分には、エネルギーも足りなければ、一生懸命生きる気持ちもなくなっていました。

そりゃなんだかスッキリしないわけですね。

今でも絶対的な自信なんてどこにもないです。でも、自分を信じると書いて、自信って読むんです。まずは自分のことを、自分で信じなければ何も始まらない気がします。

なぜ、こう気づくことができたのかというと、旅の相方ヤマケンとの対話の中から気づくことができたのです。

つい先日まで僕自身が、自分で自信を失っていることに気づいていなかったのですが、ヤマケンと話す中で一つ一つ、自分が何を考えていたのか、何に悩んでいたのかが明確になり、ヤマケンの意見を聞きながら、僕は自信を失っていたということに気づけたのです。

人と話すこと、あるいはブログとして書き残すという行為が、自分が何を考えているのかを明確になるいい表現方法なのだなーっと改めて思った次第です。ヤマケンありがとう。

そんなこんなで自信喪失していた僕ですが、今は心がスッキリしていて次への活力に満ち満ちています。

何かスッキリしない日々が続くようでしたら誰かに話したり、文章にするのがいいのかもしれないですね。

それではー!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント

  1. くまさん より:

    さくぽん!あなたはまだ若い!!!人生これからこれから
    お互い、楽しいキャンプ人生を歩みましょうね♪お二人のブログ&ご活躍、楽しみにしています‼(^o^)

    • くまさん!
      そうなんですよねー。まだまだ若いというか、青臭いといいますか。笑
      お互いキャンプ人生を彩っていきましょうー!!!ありがとうございます!!

  2. ユア より:

    ブログ読ませて頂きました。今の私は自信がないですね。まさに、このブログと心境が似ていて。やりたいことの前に持病といい付き合いをしながら、働き、いろんな方々と接してわかることがあるのかなと思っています。でも、やはり凹みます(^^;;

    • ユアさん
      お返事遅くなりました!すみません。
      読んでいただいてありがとうございます。
      僕も未だに全然自信ないんですけどね。凹む時は凹みますよねー。きっと無駄なことなんて一つもないのなかーって。
      ユアさんがおっしゃるように働き、色んな方と接するその全てに何か意味がある気がしてます。