僕が日本一周しようと思った理由。

 

今日は表題の通り、僕が日本一周しようと思った理由をつらつらと書いていこうと思います。

 

1番大きなきっかけは大学生の時にベトナム・カンボジアへ先輩と男2人旅に出た事です。

初めての海外で右も左もわからず、おどおどしつつもワクワクしていたのを今でも覚えてます。ベトナムはハノイ・サパ、カンボジアはシュムリアップ(アンコールワット)と湖上で生活する人たちの暮らしを見に行ったり(場所の名前忘れました)、ユニセフの方が地雷を撤去している様子まで見てきました(名前忘れました)。

 

その時にこう思ったんです。

「あぁ、日本って本当に恵まれている国なんだなぁ」って。

 

電車は時刻通り動くし、トイレはめちゃくちゃ綺麗。お店に行けばタダで安全な飲み水が飲める。しかも何杯も。

 

これって日本にいたら、気づかないですよね?もはや当たり前すぎて。でも、一歩外へ出るとまったくそれは当たり前ではなくて。

日本ってすげんだなーって心の底から思いました。

 

でも、その時にちょっと立ち止まってみたんです。

「こんなに恵まれた国に生まれたのに、自分は日本の事本当に知っているのだろうか。」

こう考えるようになって、まだまだ自分は日本の事何も知らなくて。日本史だってろくに勉強してこなかったし、古典とかもそれほど得意ではなかった。地理だってそう。

とにかく自分は自分の生まれた国の事、何も知らないんだな。それってなんだか恥ずかしいなって。

 

これもその旅の時の話ですが、外国人はやっぱり愛国心というか、自分の国に誇りを持っている人が多くて。それにも感化された部分はたぶん結構あると思います。

 

別に愛国心を持て!とかって言うつもりはさらさらないんですけど、やっぱり最低限知っていたいし、なんなら勉強すればするほどこんなにも美しい国はないなって最近は思ってます。

 

僕はこの日本一周が終ったら、次は世界一周の旅に出ます。僕の人生の夢の1つなんです。

 

この日本一周の旅は自分が日本という国を自分の経験で世界中の人に伝えられるようにしたいと思って始めたんです。

僕は口だけの人間が好きではなくて、実際に自分の目で見て、肌で感じて、経験をしてこそ人に伝えられるんだと思ってます。だからこそ、自分自身もそうしなくちゃいけなくて、というかそうしたくて。

 

 

いやはや、もっと語りたい思いはあるのですが、今日はこの辺で!!

 

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生日本旅
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント