一見マイナスに思えることも、いつかはプラスになり得る。

テレビCMの撮影に参加する機会をいただくことができました。詳細はキャンプ日本一周ブログを参照ください。

このブログでは、撮影に参加させていただいて思うことを書いておきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイナスの出来事にも意味がある。

今回、このCMの撮影に参加できることになったのは、製作会社からオートキャンプ協会へ撮影に際して、出演希望者が募集されたからでした。

僕は去年、11月に旅を中断することを決めました。当時、本当に辛かったです。周りの人に言われた言葉が気になったり、中断したことをバカにされるんじゃないかって理由で誰にも会いたくない、そんな時期がありました。

だけど、僕は思うのです。旅を中断していなかったら、このCMの撮影には参加できていなかっただろうと。

旅をそのまま続けていたら、撮影した3月下旬はおそらく、沖縄か九州にいたでしょう。当然、撮影に参加するのは厳しいです。

一見、旅を中断するという、自分の思い描いた道とは違う結果であったとしても、それがもたらすものはプラスにもマイナスにもなり得るんだなって感じました。

「旅の中断=マイナス」ではなくて、

旅の中断っであっても、その中断をプラスにも、マイナスにも変えることができるのは自分次第だと思います。

今回は縁あって出演者に選んでいただきました。それは自分の力で掴んだことではないです。偶然が重なったからです。だけど、その偶然を掴むためには、一見マイナスに思える出来事にもしっかりと向き合って、愚直に、真摯に進んでいくことが大切なんじゃないのかなって考えてます。

もし、あの時「いや、俺は旅を中断してる身だし。また、いろんな人に何か言われるのヤダな」って逃げていたら、僕はテレビCMというなかなかない機会に参加するチャンスを逃してしまっていました。

しかし、「関係ない関係ない。僕は僕。チャンスはチャンス。中断してようが何してようが、目の前のチャンスに喰らいつくんだ」って思って、参加希望をだして、選んで頂くことができました。

 

確かに、マイナスの出来事が起きると辛いです。

旅の相方ヤマケンは、先日貰い事故にあって愛車を廃車にされてしまいました。きっと、精神的にキツイと思います。一世一代の大勝負。サラリーマンを辞めて旅に出て。どこへ行くのにも一緒だった愛車を失うということは。

だけど、きっと意味があるんだと思います。

一見今はマイナスに思えることも、1年後、3年後、5年後、あるいは自分の人生という長い一生で見ると、それはプラスにもなりえるんだと思うんです。

そして、それをプラスにしていくのは誰なのか。自分次第なんだと思います。

嫌なことから逃げたくなる。僕も多々あります。

だけど、本当に辛い出来事があったとしても、いつかきっとプラスになる。いや、何かこれには意味がある。プラスに変えてやるんだ!って気持ちを持っているのと持っていないのとでは、その出来事が持つ意味合いが大きく変わってくるんじゃないでしょうか。

まだまだ未熟者の僕ですので、嫌なことがあると落ち込みます。でも、旅の中断を通して、今書いたように発想を転換させることができるようにもなりました。

人生、経験です。嫌なこともいいことも。これからも色んな経験を積んで、カッコイイ大人になっていこうと思います。

 

そんなことを思う今日この頃でした!それでは!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
キャンプ日本一周人生日本旅
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント