冷静に考えて、人を馬鹿にすることって失礼だと思う。

 

人を馬鹿にする。ということについてよく考える最近です。行き着いた今の考えを書いておきます。

 

冷静に考えて、馬鹿にする必要なくね?

去年僕自身がいろんな人に馬鹿にされてきました。その理由はサラリーマンを辞めて大学生みたいな旅に出たからかもしれませんし、僕の発言が青臭かった、もしくは中二病みたいだったからかもしれません。

だけど、冷静に考えて人のことを馬鹿にするのって失礼じゃないですかね?って思います。

 

これは僕だけに限らないです。

なんであれその人が人生をかけて取り組んでることや、一生懸命にやっていることを馬鹿にする必要ってありますか?

それが社会的に良くないことならまだしも。その人自身が全力で、良かれと思ってやっていることをなんで馬鹿にするんだろうって思うんです。

いや、別に応援しろとも言ってないですよ。気に入らないなら無視すればいいじゃんって思うわけです。

なんでマイナスな発言をしてしまうんだろうって考えるわけです。

 

そこには、悔しさや妬み、僻みが存在すると思う。

とか偉そうなこと言ってますが、自分自身を振り返ってみると僕もきっと言ってしまっている時があります。

その時の自分自身の心境を考えてみると、嫉妬というか僻みのような感情がある気がします。

本当は自分もそうやってやりたいんだけど、何かと理由をつけてやらない。

なんで俺はできないのに、お前はやってるんだ。

それが悔しくて、馬鹿にすることで自分が優位な立ち位置につくようにする。それで自分の感情が満足する。

こんな感じの心境なんじゃないのかなって思います。

 

その感情があるうちは、いつまでたっても自分のやりたいことができない。

こうなってしまう根本に、その人と自分とを比べてしまっていることがあるんじゃないのかなって思うんです。

人と比べているうちは本当に自分がやりたいことはできないような気がします。人が何をやっているのかは自分とは懸け離れた問題なのに、そこに目が行ってしまっている。かくいう僕もそうです。

 

悔しい。そう思った時に、褒められる心の余裕と勇気を。

悔しい。これは、本当なら僕もそういうことがやりたいのに。そう考えているからだと思いますし、実際にできていないから悔しいんだと思います。

そう思った時に、マイナスに発想するんではなくて、すごいことはすごいと、褒め讃えてみればいいと思いますし、そうありたいと僕は思います。その心の余裕が持てる男になりたいです。

 

最後に

「人を馬鹿にするということは、人に馬鹿にされる」ということになるんじゃないのかなーって結論に今は行き着いてます。

馬鹿にするよりもプラスの何かを生み出せる人間になりたいです。

 

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント