タイム・イズ・マネー 時間管理の難しさ

人生

こんばんは。めっちゃ寒いですね。

 

気づけば2月になってて、会社辞めてから1ヶ月経ったんですね。早いです。

 

今日は日々の時間管理について、できてないことだらけなので

自分を戒める意味でも考えをまとめようと思います。

 

最近、すでに曜日感覚があまりないのですが

ニートの1日ってのは、本当に、究極にだらけることができるんです。笑

 

ただ、1日中寝ててもいいですし、

本を読み漁ってもいい

飯をひたすら食べててもいい

テレビしかみないこともできるんです。

 

当たり前ですよね、働いてないんですもん。

 

でも、1人で家にいるとすんげーマイナス思考に心が変化していくんです。

なんでなんでしょう。

これが1度引きこもりになってしまったら、なかなか社会復帰できない理由の一つなんでしょうかね。わかりませんが。

 

だから、僕は必ず1日1回は外に出るようにしてますし

実際、ほぼ毎日誰かとアポイントをとったり、外に出る用事を作っています。

最悪、用事が何もない日は、料理をするために買い物をし、ランニングを必ずします。

 

そうやって、自分と自分の時間をコントロールしています。

 

だけど、1日の時間のコントロールってすごく難しいです。

 

今日だって無駄な時間は、1日のうち1時間くらいはありましたし

よっっしゃ!今日は完璧にやりきった!!って心の底から言える日って今年に入ってまだ数日しかない。

 

だけど

今日生きた自分の積み重ねが、明日明後日の自分を作っているし、その先ももちろんのこと。

だからこそ、1日1日をもっと全力で生きていかないと

去年の僕のように、会社から与えられた膨大な量の仕事をこなして

働いている時間を給料というお金に換えてもらうだけの時間の使い方をしてしまう。

1回しかない人生、そんなんじゃもったいないし

今の僕は会社に所属していないので、時間を浪費すればするだけ本当の意味で人生の時間をロスすることになる。

 

だけど、今の僕は自分でお金を生み出す動きをしています。

3月から回る日本一周中にどうやったらお金を生み出せるのかっていうことを四六時中考えて、行動しての連続です。

 

僕が考えて、動く回数が増えれば増えるほど、お金を生み出せる可能性が高くなります。(わずかですけどね笑)

 

だからこそ、1日の時間管理を徹底して

考えることのできる時間をいかに増やしていくか。そして、それに集中力をもっていくか。

 

これが今月の課題ですね。

 

どうやってまとめていいのかわからなくなったので(笑)

今日はこの辺で。おやすみなさい。

 

 

 

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント