自分を誇張して見せようとする自分に辟易する

岡山県の倉敷で車の点検中です。再々出発してまたすぐに車が故障するというアクシデントですが、これもまた旅ですし落ち着いて自分の頭の中を整理する時間がとれました。

 

最近、自分自身でずっと感じていた違和感の一つが「自分を誇張している」ことでした。

旅の再開時に色んな人に連絡をして、挨拶をして励ましの言葉をいただきました。その時、思ったのがその当時に書いていた言葉「忘れるな。今、ここにいられる幸せを。色んな人に支えられて、助けられて今ここで生きていられる。お世話になった人たちへの感謝の気持ち、学ぶ謙虚な気持ちを持ち続けろ。」

ただ、それがここ最近実践できていなかったなーっと反省しているのです。

誇張してみせようとしている原因は・・・?

自分を守っていたんだと思います。弱いところをつけ込まれて自分が傷つく前に、自分を誇張してみせて気を張っていたんだと。

だけど、そういう風に他人に接しているときにどこか違和感を感じていて。

何か物を教えるときにもどこか強気で、時に上から物を言っているような感覚になっていて。

それは本来自分がなりたい姿とは程遠いもので。

今年の3月、旅の再出発前に母親にこう言われました。

「あんた、会社を辞めて旅に出るときのほうが優しいいい顔してたよ。」

そう言われた時、僕の中ではどこが違うのか、よくわからなかったです。でも、今の僕ならなんとなくわかる気がします。

 

もう一度ここでリセットしよう。初心に帰ろう。今こうして旅ができているのは色んな人の支えがあってここにいられる。

時に、痛烈な批判もくるようになりました。これに反応していって僕の心の道筋がずれていったこともありました。

だけど、もう文句ばかり言うのはやめます。

愚痴を言うのは本当につらくなった時だけにします。

謙虚に、一つ一つ丁寧に、僕がやりたいこと、なりたい自分へ。一歩一歩進んでいきます。

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント