自分の限界を決めるのは、いつだって自分である。

人生

こんばんはー。今日もめっちゃ寒かったですね!

 

姪っ子と一緒にクレヨンしんちゃんを見て過ごすという、24歳の誕生日でございます。

 

そんな誕生日の日に、よくわかんないですけど

タイトルの言葉が頭をよぎりましたので、つらつらと思った事書きます。

 

キャンプで日本一周の出発を前に、最近もひたすらに色んな方にお逢いしているのですが

先日、とある方のアポイントがとれました。

 

その方の存在は、実は1月の中旬くらいに初めて知ったのですが

知った当時

「会社の社長なんて僕に会ってくれない」

なんて勝手に考えて、最初から行動してませんでした。

 

じゃぁ、なんでアポイントがとれたのか。

 

アポイントがとれた理由

それは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

たった1通のメールを送った。

ただそれだけ。

それも企業のHPの問い合わせフォームから。

 

内容が特別だったのか?いや、そんな事もない。

単純に、僕がこれからやること、そしてなぜそれをやるのかを送っただけです。

 

 

自分の限界を決めるのは、いつだって自分であって

 

「こういうことやってみたい!やる!」って決めても

「いや、でも僕にはこういう理由があるから無理だ」とか

「常識的に考えて、普通の人は・・・」なんて思って躊躇してしまったり、あきらめてしまうのも

自分自身の頭の中でしかない。

 

「周りの目も気になるし・・・」なんてのもおかしいし、そもそも人はそんなに他人に興味ない。

 

結局のところ

自分のできる事、限界を決めているのは自分自身でしかなくて

それをぶち破る事ができなかったらいつまでたっても成長できないし、変われない。

 

なぁーんてそんな事を考えた誕生日でした笑

 

ただ、書きながら違う考えも浮かんできて

1月の中旬にその方の存在を知ってたとしても

その当時はまだ、自分がその人に会えるだけのレベルじゃなかったのかもしれない。

この1ヶ月半くらい、毎日死ぬ気で生活していたからこそ、

アポイントをとれたのかもしれない。

 

どっちにしろ、

何事もやってみなきゃわかんないし、

やってみてできなかったら、できなかった理由を分析すればいい。

やらなかったら分析すらできずにいつまでもできないまま。

 

 

 

そんなかんじ!明日は千葉県の成田までキャンプしにいきまーす!

それでは!

(トップ画像はこちらのサイトから引っ張りました。すごくおもしろかったので)

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント