僕、ジャングル行って迷って死にそうになりました。Taman Negara in MALAYSIA

写真

初ブログではございますが、いきなりぶっ飛んだ内容の記事を書こうかと思います。

 

私の趣味は海外旅行。

大学卒業を間近に控えた2012年1月。私は東南アジア一人旅に出ました。

ドキドキ、わくわくしながら羽田を旅立ったのをついこの間のことのように覚えてます。

 

行き先はマレーシア、タイ、ラオス、ベトナムの4カ国。

地球の歩き方を片手に、小さいようで大きな一歩を踏み出しました。

 

羽田 23:55発 エアアジア クアラルンプール行き

飛行時間は約6時間半(1ヶ月前予約で18,800円 $=80円時)

なんともまぁ、飛行機を使うと世界というものは非常に身近なもの。

 

エアアジアはLCC専用空港に到着後(マレーシアの空港はLCC用とそれ以外に分かれています。)

バスで市内まで約1時間

タマンヌガラまではクアラルンプール市内にある「クラウンホテル」のバス待機所から向かいます。

 

約2時間遅れ(笑)でバスは到着し、一行はいざ、経由地のクアラ・テンベリン(Kuala Tembeling)へ(約4時間)

途中、チャイナタウン内でバスと後ほど使うボートのチケットを購入しましたので、ここからも行けるのかも知れません。

クアラ・テンベリンからはボートでの移動。

写真 1

写真 2

 

むっっちゃしょぼいボートで進むこと2時間。

 

待望のジャングルへ到着。

みんな憧れのジャングルがなんと目の前に。(所用時間約14時間)

写真 2

 

ジャングルはこんな感じ

写真 1

 

こんな変な生物にも遭遇しました。

その他にもクジャクみたいな鳥やら、野生のリスやらに遭遇。さすがジャングル。

 

こんなジャングルに果敢にも一人で突入した私は

案の定、5時間さまよったあげく

10匹近くのヒルに喰われてパニック。

ヒルは私の血を吸い尽くして、500円玉くらいになってました。汗笑

なんとか、近くに流れていた川の音に気づいて、その音を頼りに下流へ歩き続け

街へと戻りましたとさ。

 

さらっと書きましたが

私の人生で一番、死を意識した瞬間でした。笑

 

「この変な枝の木を曲がったから覚えておこう。」

そんなこと考えながら、ひた進んでいたが、まあ迷いました。

 

皆さん、ジャングルへ行く際は

しっかりと目印をつけましょう。

 

 

このブログを通して、何が言いたいかと言うと

 

1度きりの人生なのだから

臆せず色んなことに挑戦していこうということ。

挑戦しなければ、失敗もしない。けど

失敗しなければ、大きな成功もない。

っと私は思います。

 

ジャングルで生存できた経験が今の人生にどんな影響を与えているのかと言われても

意味のある回答はできないけれど

未知の世界へ一歩踏み出せた勇気と

自分のワクワク、直感に従って行ったという経験が

大事なんじゃないかなと思います。

 

まだまだ文章力が足りないので、

他人に自分の思い、感じたことを伝えるのは難しいけれど

これから徐々に、文章力を鍛えていこうと考えています。

 

どうぞ、宜しく御願い致します!!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
日本旅
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント