【屋久島の食事処】潮騒の刺し身とシカのたたきが絶品だった。

グルメ

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
Life FREEKs代表。旅ブログを随時更新中。自然の中で生きるのが好きです。永住の地を模索中。

ジビエブームですね。僕は沖縄で食べたイノシシの刺し身が美味しすぎてイノシシ猟師になりたくなってしまいました。

さて、今回は屋久島にある食事処「潮騒」の紹介です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

地元民もよく行く「潮騒」

お食事処の「潮騒」

民宿のおばちゃんがオススメしてくれたので、屋久島最終日に来ました。

こちらがメニューの一部です。

全体的に高め?と思いきや、最終的に会計をしたらそんなに高くなかったです。

こちらが刺し身。その日によって入荷が違いますが、お造りにしてくれます。

タイ、ヒラメ、マグロ、あと・・・なんだっけかな。すみません、忘れてしまいましたが、新鮮で美味しかったです。

鹿肉の刺し身!

っで、一番びっくりしたのが鹿肉のたたきがあったことです。

どんな味がすんのかなーと思って恐る恐る食べてみたんですけど・・・

普通に美味しかったです。ローストビーフっぽい食感でした。

にんにくチップや生姜と一緒に食べたのでそんなに匂いも気になりませんでしたし。

てんぷらもありました。

場所

宮之浦地区のちょうど真ん中くらいの場所にあるので、近くの民宿に泊まった方はぜひ。

最終的に会計が、6,500円くらいでしたね(瓶ビール2本、屋久島の焼酎「三岳」4杯、刺し身のお造り、てのぷら、シカのたたき)。男2人で飲んだのにこの値段は良心的な気がします。

いろいろと調べた中んですけど、食べログであんまり評価が高くなくて微妙なのかなーなんて思ったりもしたんですけど、全然満足でしたね。普通に美味しいし、まぁ安くはないけど高くもなく。

観光客もたくさんしましたけど、地元の人も結構いましたし。

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
グルメ
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント