本当の誠実さとは何なのだろうか。僕が今、思うこと。

この度は僕らの完全な勘違いにより、ご迷惑をおかけいたしましたことを僕の個人ブログでもお詫び申し上げます。本当にすみませんでした。

完全に僕らの舞い上がりでした。本当にすみません。

 

今、僕が思うことを書き残しておきます。これを読んで不快に思う方もいるかもしれませんが、今の僕がどう感じているのかを書き残しておきたいと思ったので書きます。

 

最近の僕のホットワードは「ちょうじょうなこつで」です。これは前回のブログでも書いた北軽井沢で一緒に働いていた同年代の友人が運営しているブログのブログ名です。熊本弁で「大変ありがたい」という意味みたいです。

著書の竹田君とあって、色々と考えさせられるところがありました。誠実で真面目で一生懸命な竹田君の姿に、僕が周りの人への感謝の気持ちが薄らいでいることに気づかせてくれました。

そして、もう一つ心の中にあるキーワード。それが「傲慢」でした。

これも一緒に北軽井沢で働いていた時の友人「ガッツ」の一言からの気づきでした。

ガッツからみると僕は時々「傲慢」に見えていたそうです。ヤマケン経由でその話を聞きました。

「そういう風に写っているのかー。ショックだなー。」

傲慢って言われること、初めてでした。だけど、僕の心の中でもそう言われても仕方ない言動があったので、素直に反省しました。前回のブログでも少し書きましたが、人に何か批判されることへの恐れが自分を傲慢にさせてしまっていました。批判される前に、批判されないように強気な態度をとる。弱い人間のやることでした。

 

批判。

僕はこれを恐れていました。

去年、旅を中断した理由はこれです。

もちろんお金もなくなりつつありました。7ヶ月もキャンプ旅を続けていたので体にガタがきていたのも事実です。

でも、本当の理由は人に言われる言葉が、怖くて、一旦旅を中断する選択をしました。

今思えば何て事のない言動に当時の僕らは一言一句気にしてしまっていたのです。それくらい心が廃れていました。

 

旅を再開してからも人からどう思われているのか気にしている自分がいました。

だけど、これは自分のやりたいことだし、僕らに飛んでくる批判の中のいくつかがそれが単なる妬み、僻みであることにも気づくことができ、そんな人にどう思われようと関係ないし。僕らは僕らのお金で、自分の人生をかけて旅をしているのだからつべこべ言われる筋合いはないと思ってました。

ここに僕らの舞い上がりの一部分が潜んでいました。

 

泣き言を言うと、僕らはサンドバックではないです。言いたいことがあるのもわかりますし、自分たちで最初に面白おかしくというか、大々的にというか、おおっぴらに日本全国を旅する!とオープンしたからそういうことが起きたことも承知してますが、僕らだって傷つくのです。普通の25歳です。

 

僕らは僕らなりにキャンプをもっとたくさんの人にやってもらおうと一生懸命頑張ってきました。最初からずっとこう思ってブログを更新していました。

今年、嬉しいコメントがたくさんありました。僕らのキャンプブログをみて、キャンプを始めようと思った方、実際にキャンプへ行った方、キャンプ道具に関して質問してくれた方、いろんな初心者キャンパーさんから嬉しい反応がありました。

色々と物議を醸すPV数ですが、30万PVまで行きました。

これは僕らなりに伝えたい思いがあって、それを雨の日も風の日もキャンプして、どこから飛んでくるかもしれない批判にも耐えて(結局耐え切れませんでしたが)、伝え続けてきた結果なのです。

 

だけど、僕らは伝えたい思いが強すぎて順序をすっ飛ばしてしまっていたのかもしれないです。

また、初心者というキーワードを盾にして、「傲慢」になっていたのかもしれないです。

ブログを通して伝わってきたものを僕らはもっとたくさんの人と共有したくて。もっともっとうまくやればみんなキャンプをする人が増えるんだよ!それを伝えたくて。

でも、それがうまく伝わらなくて。やけになって、傲慢になって。伝わる人にだけ伝わればいいやなんて思って。

大前提の、人間としての感謝の気持ちを持たずに、ただただ伝わらないことにヤキモキしていました。

まるで子供のようでした。

とある方から、ヤマケンに「君たちに足りないのは本当の誠実さだよ」とメッセージをいただきました。

僕たちは、初心者の方々がキャンプを始めてくれたことを主張しているようで、「初心者」という言葉を使って自分たちを誇示していたんだと思います。

 

本当に伝えたい思いがあるのだったら、もっと別の方法があるはずでした。

それでもこういう結果になったのは、自分たちの周りの人への感謝の気持ちがないことが起こしたことでした。

伝えたい思いがあるんだったら、伝わるように努力すればいい。なんで伝わらないんだ!って子供みたいにガミガミ言うのではなく。

時に無視されることもあるかもしれません。なめられることもあるかもしれません。

だけど、本当に自分が伝えたいものを伝えたいんだったらいくらでも方法があるはずでした。

 

本当の誠実さって何なのだろう。未だ僕の中でその答えは出てませんが、なんとなく、少しずつわかってきたような気がします。また思うこと、考えたことがあったら引き続きブログで書いていきます。

 

僕たちは本当にまだまだ未熟で、今回もその未熟さゆえにたくさんの人にご迷惑をおかけしてしまいました。本当にすみませんでした。

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
日本旅
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント