【レビュー】ぷららの定額無制限SIMはどうなのか。気になるところ、いいところ。

ブログ

前回書いた「iPhoneからガラケーへ。ぷららの格安SIMを使って通信費を約4,000円削減。」が思った以上にたくさんの方に見ていただけているので、ぷららの無制限プランについてもう少し詳しく書いていこうと思います。

 

スクリーンショット 2015-01-13 17.07.01

データ通信は無制限だけど、速度制限がある!

このプランのいいところは、イーモバイルなどが行っている月7GBまでの制限がないところです。ただし、間違えてはいけないのはデータ通信が無制限なだけであって、速度には制限があるという点です。

 

最高速度3Mbpsって、実際だとどんな感じか。

前回のブログでも書きましたが、「youtubeが止まらずに見れる」程度のスピードです。ただし、これも回線の混み合う都内や夜7時〜12時などはもっと遅くなって、youtubeなんてとても見れたもんじゃないって時もあります。この辺はもうしょうがないと割り切るしかないと僕は思ってます。

 

Xiエリア対応!エリアが広い点もいいところ。

ドコモの回線を使っているのか、Xiエリアに対応していますので、日本全国、結構な範囲でカバーできているんじゃないでしょうかね。僕が前使っていたWiMAXは全然ダメでした。地方では本当に使い物にならなかったです。

スクリーンショット 2015-01-13 17.18.51

ドコモのXi対応エリア。西日本は結構広い範囲でいけてますね。>

 

どんな人にオススメか?

正直、ぷららのSIM単体でネット環境を整えるのは難しいと思います。通信料が定額無制限とはいえ、夜は速度が低下してしまいますし、サクサク動く感じではないです。

では、どういう人にオススメなのか。

”固定回線+ぷらら”という選択が良い選択なんじゃないのかなって思います。家に固定回線を引いていて、外へ出る時にはぷららを使う。 この使い方が一番いいんじゃないのかなって思います。ただこの組み合わせになると外に出てる時だけってあんまり使わないから、GMOとかの格安SIMでもいいんじゃね?」ってなったりもするのですが、ここがまたポイント。データ通信無制限の安心感が欲しいのかどうかってことです。 速度に制限があるとはいえ、データ通信が無制限であるという安心感は半端ないです。youtubeとか気にしないでみたいですし、いちいちデータ通信量を気にしながらネットしたくない。そんなあなたにはこのぷららの格安SIMがいいんじゃないでしょうかね?

 

まとめ

  1. データ通信は無制限だけど、速度制限はある。
  2. 実際の感覚でいうと、「youtubeが止まらずに見れる」程度の速度です。(ただし、都内や夜は速度が落ちます。youtubeも遅くて見れなくなります。)
  3. Xiエリア対応のため、回線エリアはかなり広範囲。
  4. ”固定回線+ぷらら”という使い方、通信料を気にしながらネットをしたくないという人にオススメ!

ってな感じです!!

格安SIMが各社から出てちょっとよくわかんなくなってますが、ぷららのモバイルLTEデータ無制限プランのレビューはこんな感じです!

それでは!!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
ブログ
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント