【日本のマチュピチュ】竹田城跡の撮影に成功!撮影するためのポイントを紹介します。

日本旅

 

IMG_8677-2

撮れました!竹田城跡の雲海の写真。

日本一周中でこれだけはどうしても撮りたかった写真。奇跡的に一発目で雲海が出てくれて、しかも快晴。絶好の条件でした。

IMG_8675

全体的な景色はこんな感じ。左手前にあるのが竹田城。

IMG_8701

よりで撮影。望遠レンズ使用。

IMG_8697

紅葉と竹田城。

 

撮影するに当たって参考にしたのがこちらのサイト。竹田城跡がある朝来市のホームページ。行政が運営しているにも関わらず、とてもわかりやすく、雲海が出やすい条件や撮影スポットを教えてくれます。全国の行政のサイトもこういう風に丁寧な感じにすればいいのにね。

前情報をあまり持たずに僕らは前乗り。だけど、結論から言うと前乗りする必要はないです。

 

僕が今回撮影した場所は「立雲峡」という場所から。(上記、ホームページに載ってます)

無料駐車場に車を止めて、約1時間程度山を登って行きます。

なぜか前乗りした僕らは近くの道の駅で車中泊して、午前3時半に出発。無料駐車場探しに悪戦苦闘して(後ほど、無料駐車場の場所を教えます)車を止めたのは4時。そこから約1時間程度山道を登り、撮影スポットである第一展望台についたのが5時前後でした。

5時に第一展望台に付いた時点ですでに待機されていた方は10名程度。三脚を建ててポジション取りをしていた方は2人のみでした。

第一展望台で三脚建てて撮影するための場所はおよそ20名分くらいはあると思います。その全ポジションが埋まったのが、おそらく6時前。絶好の写真を撮りたければこれくらいの時間までには行く必要があります。(つまりは、5時に登り始めればOK。前乗りの必要なし!)

 

それでは、駐車場の紹介。

IMG_8713

立雲峡を背にして、坂道を下り1つ目の信号を左に。すると古いパチンコ屋さんが右手にあってその手前が無料の駐車場。

道路に所々「竹田城跡臨時駐車場」という看板があるので、それを目安にするといいです。ここはトイレもあります。

ただし、注意しなければ行けないのは、ここから登山口である立雲峡まで約2kmほど歩きます。立雲峡の入り口の反対側に個人で運営されている駐車場があって1台500円で入れますので、面倒な方はそちらを利用した方がいいです。この駐車場は前乗りすると1,000円になります。

2km歩いた先にあるこの看板が目印。ここから登って行きます。

IMG_8563

朝4時時点の登山口付近。真っ暗でヘッドライト必須です。

IMG_8710 IMG_8711

頂上に近づくにつれて険しくなる斜面。厚着しているとかなりの汗を書くので、飲み物とタオルも必須です。途中1カ所だけ自動販売機がありますので購入しておいた方がいいです。



途中、第3展望台、第2展望台もありますがそこはあまり広くないので、頑張って第1展望台まで行かれることをオススメします。第1展望台の方が全然広くてストレスなく見れます。(100人くらいいけるんじゃないですかね)

ちなみに第1展望台はテント泊禁止みたいなので、こちらに前乗りすることもできません。

 

以上、竹田城跡撮影のポイント紹介でした!頑張れば無料でこの絶景が見れるってすごいですね。一眼レフとか持ってなくてもめっちゃ綺麗に撮れますし、ほとんどの人がスマホで撮影してましたよ!

関西近辺の方はぜひ!日本のマチュピチュを見に行かれたらいかがでしょうか?

 

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
日本旅
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント