テレビのない生活15日目。

人生

こんばんは。

今日はすごい寒いですね。先週末、富士山の麓でキャンプしてきましたが、その時と違った寒さが東京にはある気がします。

 

今日は、表題の通り、テレビの無い生活について書いていこうと思います。

 

このブログを読んでいただいたことのある皆さんはご存知の通り

僕は昨年末でサラリーマンを辞めましたので、現在はニートでございます。笑

 

身辺整理をするにあたり、友人にテレビを上げることとなり

今年の1月1日より、テレビの無い生活をしています。

 

人間とは面白いもので、最初はちょっと寂しかったんですが、3日もすればその環境に慣れてしまうんですね。

今となっては、テレビって全然必要ないんです。

必要な情報はネットで検索すれば、手に入りますし。なんならニュースとかもネットの方が早いですもんね。

 

じゃぁ、今までテレビを見ていた時間を何に使っているのかと言うと

 

新しく買ったMacBookでこのブログを書いたり

色んな人とあったり

読書したり

 

今まで何となくテレビのスイッチをつけて、

何となくテレビを見て過ごした時間を、違う時間に使えていて

ものすごく新鮮な感覚になっています。

 

会社を辞めたということもそうですが、

何かを失うという選択は勇気がいりますし、慣れた環境を変化させていくことへの不安もありますが

何かを失えば、その失った分だけ何かが入ってくるんだなって思います。

 

失って得た何かを、次に活かすことができたなら

失ったことすら肯定できるようになるような気がして

今はその感覚に従って、日々を過ごしています。

 

今日で1月も折り返しですね。

ということは1年の24分の1が終わったことを意味します。

 

まだまだ、やれることはありますし

やらなければ僕が会社を辞めたことを肯定できませんね。

 

明日からも、精一杯1日を生きていきます。

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント