ホリエモンの講演を聴いて思ったこと。

人生

こんばんは。

今日はホリエモンの無料講演に参加してきましたので、その講演を聞いて感じたことをそのまま記していこうと思います。

 

昨年出版された「ゼロ」のイベントの一環として、今回のイベントがあった訳ですが

それがあるのを知ったのは、昨日の昼過ぎ。

知って、速攻登録、速攻参加。

 

サラリーマン辞めると、日曜日の夜7時〜の講演とか行けちゃうんです。余裕で。笑

 

1時間講演、1時間質疑応答という形式でしたが、非常に面白くてあっという間でした。

 

何がおもしろかったのかというと

・起業するやつは馬鹿か、天才しかいないという話

・アンチエイジングについての話

・世の中、やってやれないことはないという話

などなど

ホリエモン節炸裂の楽しい時間でした。

 

つくづく感じたのはどの話を聞いてても

【思考停止が一番の悪】だな。

ということでした。

 

今、振り返ってみると

サラリーマン時代がいかに思考停止していて

ただただ、無駄な時間を過ごしていたなぁって感じます。

 

諸事情で、前の会社に今年2度ほど出社しましたが

なんか思考停止する雰囲気があって、

これだと面白いアイデアでないなぁーって直感で思いました。

閉塞感があるというか。

 

この前の器の話でもそうだけど

器に対して、常に日々情報や仕事で満載になっていると

他のことを考えることができなくなって、ますます思考停止してしまうんだなぁーって思います。

 

思考停止してしまうと、人生つまらなくなる気がして。

物事のほとんどが受け身になっちゃうから、世の中や周りの意見に流されてしまうんですね。

 

 

 

それと

僕の人生における座右の銘を今回の講演を聴いて改めて思い返しました。

それは

「できる、できないではなく、やるか、やらないか」

ということです。

 

できる、できないというのは能力の問題で

やるか、やらないかは意志の問題。

やらなければ、できるかどうかわからないし、

もし、できなかったとしても、できなかった理由を改善すれば

いずれできるようになる。

 

っていうこと。

改めて感じました。

 

 

うわぁー、これ苦手だなぁ−上手くできねぇなぁーって思ってたものが最近あったので

再度、心を入れ替えてチャレンジしてみます。

 

そうすれば、きっと何かが変わると信じます。

 

それでは。

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント