周りの30代の皆さんがカッコいい。

先週末に西荻ラバーズフェスというイベントに参加させて頂きました。初めて行われるイベントということもあって、フェスが出来上がっていく様子を間近で見ることができて、とても良い経験でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

周りの30代の皆さんがカッコいい。

西荻ラバーズフェスの実行委員長は、北軽井沢スウィートグラスのイベントFeel EARTHで出逢ったマサさん。

西荻窪でキャンドル屋さんを営む傍ら、大きな野外イベントでキャンドルや照明で空間を演出する方です。

今回、直前にぎっくり腰をやってしまったマサさんの補助的な役割を担当させてもらいました。マサさんとお話する機会も多くて、色々と勉強になりました。

マサさんは30代後半。若いころは日本全国をバイクで周ったり、アメリカに行ったり、たしかオーストラリアにワーホリで行ってたこともあったんだっけかな。

とにかく経験豊富で懐の深い方なんですよね。

その経験からくる優しさが、僕にはものすごくかっこよく見えたんです。

マサさん以外の大人の皆さんも。

周りにいる30代の方はマサさんだけではなく。こちらも北軽井沢スウィートグラスでご縁を頂いた響さんとけいすけさん、そしてコータさん。

名前を出せば絶対知ってるフェスの空間演出をする皆さんと昭島のアウトドアビレッジの装飾のお手伝いをさせて頂いたのは3月の中旬ごろだったでしょうか。

響さん、けいすけさん、コータさん。皆さん揃いも揃って30代。仕事にも家庭にも精を出していてとにかくカッコいい。

何がカッコいいかって?

何がカッコいいのかっていうととにかく懐が深いところだと思います。

僕らが一生懸命やっていることを見てくれています。

そして、適度なタイミングでほめてくれます。

仕事を任せてくれます。

「ありがとう」と「ごめんなさい」を言ってくれます。

決して否定から入りません。「うんうん」っと必ず話を聞いてくれます。

その一方で、ご自身の経験から出る僕らへのアドバイスもしっかり言ってくれます。

 

「26歳?まだまだじゃん!これから楽しみだね!」

「いやー俺ももう38何だけど。これからだね!アッハッハッハ。」

みたいなすげー楽天的というか、ポジティブというか。前を向いている感じがすごく素敵です。

 

僕ら20代は手に職があること、その仕事の経歴に「この人はすごい!」って反応してしまいがちだけど、

もしかしたらそうではないのかもしれません。

相手がいくつであろうと、尊重して、対話をして、人としてしっかり誠実に対応してくださる。

そんな人の後ろ姿に、僕は「あー、この人達すごい。カッコいい」と思いました。

聞けば、マサさんだけでなく、響さんもけいすけさんもコータさんも20代に世界を旅していたんだとか。

その経験からくる懐の深さ、人間力に。僕はほれぼれしましたとさ。

僕もそんなカッコいい30歳になりたいので、これからも一つ一つ経験値を積み重ねていきます。

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント