好きこそモノの上手なれ

 

「好きこそモノの上手なれ」

って言葉を最近耳にしました。

 

好きな事を仕事にしようとしている僕にとってはまさしくドンピシャな言葉で、好きであるが故にそれが上達し、人に伝えられるようになる。

そんな感じで受け取りました。

 

たしかに、周りには「好きな事は仕事にしない方がいいよ。それが仕事になるとやりたくなくてもやらなきゃいけなくなる。そうなると好きな事が好きでなくなってしまう」って言う人が時々います。

 

もちろん間違ってはないと思いますが、僕は違うと思う。

 

やっぱり好きであるからこそ、誰かに伝えたいと思う。

その熱量というか、エネルギーの高さが仕事のパフォーマンスにも影響する。

 

逆を言うと

好きでもないことのパフォーマンスが高い人って本当にすごい。

ある意味その人たちが一番仕事ができるのかもしれない。

 

だけど、僕は

僕の1回しかない人生、後悔のない、好きな事をやる人生にしたくて

好きでもない、誰のためにもならない、会社のためにしかならない歯車を辞めました。

 

どっちが正しいかはわかりませんが

今の僕から言わせれば、この決断をして本当に良かったと思う。

 

この旅が失敗したとしても、今は色んな経験をさせてもらっている。

本当にありがたいことです。

 

 

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生日本旅
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント