沖縄最後の夜に。

人生

長いようで短い沖縄1人旅が今日で終わります。

このタイミングで1人、沖縄に来て本当によかったなって思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1人でじっくり1年間を振り返ることができた。

1

旅の中断をして、アルバイトを続けて資金を稼いで再開したこのキャンプ旅。再開後にまさかの事故にあって、とにかく予定通りには何一つ進まない1年でした。

それでも昨年よりも充実した1年でしたし、今振り返ると本当に濃い1年だったなーっと思います。

って、沖縄に来て改めて感じることができました。

なんだかんだでヤマケンと旅をしているので、1人で長い時間をかけて考えることってあんまりないですし

沖縄に来る前はスウィートグラスで働いていて、そこにはたくさんの仲間がいました。

強制的に1人になって、深く深くこの1年やこれからのことを考えることができて本当によかったです。

これこそ、もっといろんな人にも必要なんじゃないのかなって思います。

東京でサラリーマンをした時にもこんなに自分のこと、1年間のことを振り返る機会なんて無かったですし。

当たり前のことって本当は当たり前じゃないのかも

 

1人で旅をしていると、この季節というのもありますがキャンプ場で1日中1人で過ごすこともありました。

そんな日が続くと久しぶりに普通に人と会話できることですら嬉しく思うもんです(笑)

あー久しぶりに人と喋ったなーって。

普段はヤマケンがいるし、友達もいるし

だけど、それは別に当たり前のことではないのかなって思いました。

いつまでも両親が元気でいるわけじゃないなーっとかそんなことも考えましたし

兄弟だってそうだなーっとかね。

それはそれは深く考え過ぎて眠れない日もありましたよ(笑)

今思うとそんなに深く考える必要は無かったなーっとも思うんですけど、

改めて、自分が思う当たり前って本当は当たり前じゃないだなーて考えちゃいましたね。

両親にも、兄弟にも、ヤマケンにも、一緒に働いたスウィートグラスの仲間にも

もっと感謝しなきゃいけないなって。

ちゃんと感謝の気持ちを素直に伝えなきゃなって。

そんな風に思いました。

いつも通り、まとまりのない文章になってしまいましたが、

沖縄に来て本当によかったです。

体調を崩したり、しんどい時もありましたけど、また自分の人生のとても大切な経験になりました。

また来ます!沖縄!!ありがとう!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
人生
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント