キャンプ場のオーナーに頂いた金言を紹介

久しぶりの登場です。

気づけば2016年も半年が終わっていて、びっくりしてます。

いつもだったら半年を振り返ろうかなーなんて思うんですけど、

なんでか今年はいつもと違う感覚で日々を過ごしていて、そんな考えになりませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンプ場のオーナーから金言を頂きました。

20150606-IMG_1137

西日本にある、とあるキャンプ場のオーナーとお話をする機会がありました。

僕達も近い将来、キャンプ場をやりたい。

そんな話も含め、今までの旅の話やこれからの話などなど、和気あいあいとお話をしていました。

そんなとき、オーナーがこう言いました。

 

「僕も色々あったけど、65年生きてきて思うのはね、

世の中に、お客様に、背中を向けずにまっすぐに、真正面で向き合ってきた。

結局は、これが自分の人生を磨いていく、一番の方法なんだよね。」

 

この旅で、たくさんのキャンプ場のオーナーや、アウトドアのプロの皆さんに出逢ってきました。

皆さん、それぞれの人生の中で色んな選択をして、ここまで進んできたその裏には

僕らには想像できないほどの苦労があったんだと思います。

こうして、僕達に、真正面向かって、自分の人生の話をしてくれることが

僕にとってはものすごく嬉しくて

その方が生きてきた中で感じた叡智を、

若者に託すかのように話をして頂ける。

 

僕は、この旅を通して、

貴重なお話を聞くことができました。

 

ここまで来るのに、僕もヤマケンも、何度も何度も悩んできました。

 

自分が進みたい道はどこなんだろう。

こう自分に何度問いかけたかわかりません。

 

旅を始めたばかりの頃は、大人が言うことをすべて真に受けて

あっちそっちと右往左往したこともありました。

 

でも、僕もヤマケンも、

この真面目な性分で、これまで生きてきて

そして、これからもそうやって生きていきたいんです。

 

たまーに、世の中のせいにしたいときがあったり

他人のせいにしたくなるときもあります。

グレーなことばっかして、あいつらムカつくなってこともあります。

あの人たち、前はあー言ってたのに、結局そっちかよ。

みたいに思うこともあります。

 

僕もそうなってしまっている時も、もしかしたらあるかもしれません。

いや、きっとあると思います。

でも、僕は、

まっすぐに、真正面向かって、自分が正しいと思うことを

貫いて、これからも進んで行きたいと思います。

 

そんなことを、とあるキャンプ場のオーナーと話をして思いました。

アレ、僕なんとなく、自分の感情をまっすぐ伝えるのが下手くそになってる気がします(笑)

もっとこのブログも書いて、自分の考えていることをちゃんと吐き出そう。

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
キャンプ日本一周
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント