自分の中から出てくるモノが、自分を形成する。

26歳の夏が終わりました。ここ半年で急に老けた気がしていて、気づけばもうアラサーになるんだなーと感じている今日このごろです。

久しぶりの更新ですが、この夏千葉県の勝浦にいて感じたことを言語化しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なりたい自分像。

会社員を辞めて2年半以上が経ちました。ここ半年は結構しんどくて、それが故にちょっと老けたのかななんて思ってます。

ただこの半年で勉強になったこともたくさんありました。

会社員を辞めた時みたいな熱量のない自分。

僕、会社辞めました」というブログについて、未だに色んな人が言及してくれます。

それは皆、ポジティブなもので

「なんで、そこまでして自分を追い込めるの?」

「そんなに自分が考えていることをさらけ出して、すごいね」

そんなことを当時は言われてましたし、今でも

「あの時の佐久間のブログで自分も何かしなきゃって思った」

って言ってくれる人もいました。すごく嬉しいです。

 

でも、

でも、

今の自分は、あの時の様な純粋さ、真っ直ぐさ、一生懸命さ

がないように思います。

何をやるにしても、

「どうせこれくらいでいいだろう」

そんなニュアンスが自分の中の心を占めていました。

特に夏前は本当にひどい状況で、自分でもなんでこんなに投げやりで自暴自棄になっているのかわからないレベルでした。

自分の中から出てくるモノが、自分を決める。

ただ、この夏を千葉県勝浦市のまんぼうオートキャンプ場で過ごして、随分と自分の気持ちがプラスに動きはじめた気がしてます。

それでも、まだ気がしているだけなので、「まだまだ甘いなー」と感じる日々ではあるのですが。

 

何が僕を変えてくれたのか。

それはキャンプ場の親父との対話の中、海に出て外遊びをしている時に考えたことがキッカケでした。

 

ふっとこんなことを思ったんです。

「あ、俺、今ネガティブに考えているから、起こること全てにやる気が出せなくて、結果またネガティブになっているんだ」って。

 

そこから段々自分の中の曇りが晴れていったような気がします。

 

当たり前の話ですけど

自分がネガティブだったら、そりゃ何か起きた時に、まずはネガティブな反応をしてしまいますよね。

ポジティブだったら、起こることがマイナスなことでも、その中からポジティブなことを汲みとって自分にプラスになるように考えることができますよね。

 

そんな単純なこと、やっぱり環境だったり、慣れだったりで人間は簡単に変化してしまうんだなーと思うんです。

僕は環境を変えます。

っと言っても、まだまだ自分の中での甘さやネガティブな部分が拭い切れない今です。

冒頭に書いたように、会社員を辞めた当時のような熱量が今

自分の中にはないです。

だから、僕は大きく環境を変えることにしました。

今週末からしばらく日本を離れます。

自分のことを知っている人が誰もいない環境で、もう一度自分がこの世の中で何をしていきたいのか

考えようと思います。

 

まずはフィリピンへの語学留学です。

いよいよ週末に出発しますが、マジで生ぬるい自分は大して勉強してません。いや、まんぼうで過ごした日々で勉強をしていたんですが

結局は今、自宅に戻って継続して勉強を続けることができませんでした。

僕はきっとフィリピンで恥をかくことでしょう。

でも、今の自分はそれくらいの恥をかかないと

変われないんだと思います。

環境を大きく変える。怖いけど、自分の意志で変えることができないんだったら

環境を変えるしか無いです。

今度はその話をブログに書こうと思います。

 

よし、ブログも書いたことだし、勉強するか。

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
ブログ
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント