【レビュー】STYLUS TG-4の付属レンズリングが取れた!修理したほうがいいの?それとも?!

カメラ

ども、さくぽんです。

昨日に引き続き、OLYMPUSのカメラ「STYLUS TG-4」に関するレビューです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レンズリング(カバーみたいなもの)が取れた!

img_4492

アウトドア、特に水遊びをする際に重宝しているSTYLUSのTG-4ですが、1つ問題点がありまして

もともと付属しているレンズリング(レンズの周りのパーツ)が取れやすいこと・・・。

2015年10月に購入してから何度も使用していて、そして、何度もレンズリングを失いそうになりました。

なんか事あるごとにカタカタと音をたてて取れそうになるんです。

使用10ヶ月ついに取れた!

っで、ついにです。レンズリングが取れてしまいました。

しかも海でSUPをしていた時に、バランスを崩した瞬間に取れてしまったみたいでパーツはおそらく海の底・・・。

ふわー修理かー。

ちなみに、レンズリングが取れたからといって、カメラの性能が落ちるわけではないみたいで、レンズリングがない状態で水につけても全然大丈夫でした。

1年間のメーカー保証期間内!のはずが・・・

まぁでも、まだ買って10ヶ月だし、メーカーの無料保障期間だから大丈夫でしょうって甘く考えていました。

っが、しかし。

なんと、「外部破損に関してはオリンパスプラザにてお買い求めください」との。

参考:オリンパス 修理の流れ

え、無償修理してくれないの・・・。

ちなみに、オリンパスの東京支店は

東京都新宿区西新宿 1-24-1 エステック情報ビル

にあるみたいです。

もはやコンバーターアダプターを買ったほうがよくね?

そこで僕が思ったのは、わざわざオリンパスプラザまで行ったり、郵送したりでどうせお金がかかるんだったら

別売りのコンバーターアダプターを買えばいいんじゃのかな?ってことでした。

コンバーターアダプターとは、そもそも付属のレンズリングと交換して使用するためのものなのでしっかりはめ込むことができますし

その他、アクセサリーを取り付けることが可能になります。しかもそれがAmazonで買えば2,000円ちょっと

普通に新宿まで行く電車賃とか手間とかもろもろ考えたらそっちの方が圧倒的にいいでしょ!っとなったので購入しました。

実際どうなの?

img_4493

取り付けは至って簡単。一眼レフでレンズを取り替えるように、差し込んで回すだけ。

カチッと音がなるまで回せば取り付け完了です。超簡単。

これで海に潜りましたが、もちろん故障することはありませんでした。

しかも、買った時から若干気になっていたレンズのむき出しも、コンバーターアダプターにはカバーがついているので、これで克服することができました。

まとめ

Amazonのレビューを見ているとどうも純正品のレンズリングは外れやすいみたいで色んな人がそういったレビューをあげていました。

元値が高いだけでにそこはしっかりして欲しいなーと思いましたが、まぁ2,000円ちょっとでレンズカバーとともにアダプターを手に入れたので良しとしようと自分に言い聞かせました。

 

by カエレバ

 

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
カメラ
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント