語学留学1ヶ月経過!少しはマシになってきた気がするけど・・・

どうもです。早くもフィリピンに来て1ヶ月が経過してしまいました。

本当は1週間おきにちゃんとブログ書こうとしてたんですけど、結局キャンプブログ関係のことが最優先になっちゃってこっちはおろそかになってしまいました・・・。

まぁそんな言い訳はさておき。

今、考えていることと、これからフィリピンに留学しようとしている人へ、英語超初心者の僕からアドバイスです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ざっくりと1週間ごとに僕の変化を!

僕はマジで英語初心者で、中学英語もままならない状態で行きました。色んなサイトに「日本で最低でも文法はちゃんと勉強していったほうがいいよ!」って書かれてましたが、勉強したフリで全く身についてなかった。そんな僕です。

っで、こっちに来てから

1週目→全然わかんない。聞き取れない。

2週目→超簡単(挨拶とか、Do you ~的な)英語が聞き取れるようになってきた。

3週目→簡単な(5W1H系)英語が聞き取れるようになってきた。

4週目→質問に対してやっと英語で文を作って返答できる(I think~,I want to~)ようになった。

5週目→1日ごとになんとなく成長している気がする。

超絶望。

そんな感じです。ざっくり。いやーもう最初の方とか超絶望してました。「なんで俺、ここにいんの?え、小学生でも英語話してんだけど・・・」

軽く眠れない夜を過ごしました(笑)

なんでもっと日本で勉強してこなかったんだとか、俺頭悪すぎじゃね?って思ったりもしました。

だけど、高校卒業以来英語に触れず、っというか高校生の時も文法を理解するというか暗記して、小手先の努力でテストで点をとる的なやり方をしていた僕だったので

もうそれはしょうがないと受け入れざるを得なかったです。

っで、ようやく少しづつ英語が口から出るようになってきたんですけど、まだまだどうも英語で話すことが恥ずかしかったり、間違ってたらどうしようって思っちゃっている自分がいて情けねーなって思う瞬間もあります。

とにかく話す!これに尽きる!

先生はみんな口を揃えて「もっと話したほうがいいよ!間違ったっていいし、その間違いを直すのが私達の仕事だから!」って言ってくれました。

やっぱり日本人は人前で英語を話すことへの抵抗感が人一番強いみたいですし

楽な方に逃げてしまうので、学生同士は日本語で会話をしてしまいます。

「日本人は覚えることを先にやりがちだけど、例えば1日20単語覚えるよりも、1日5つの単語、1つの表現を話して実践したほうが絶対に身になるよ!だから、ノートにひたすらわからない単語を並べるんじゃなくて、とにかくわかることからどんどん使って身体で覚えな!」

って言ってました。ごもっともです。

メンタルブロックを破壊せよ!

これが一番強いかもです。

「人前で英語を話すこと=苦手。自分は英語ができない」

っというのを早く取り除ければもっともっと話せるようになるのかなーと思います。

学生時代に旅をしてて、あまりにも英語が伝わらず西洋人に「は?」みたいな顔されたのが地味にトラウマになっていたのかなーなんて思いました、ここ最近。

なので、今でもフィリピン人とは会話ができてもヨーロッパやアメリカの人と話す時はなんか緊張します。ダサい。けど、しょうがない。早くこのブロックを壊すべき!

これから行く人へ!オススメの教材を紹介!

こっちに来てから2人の学生、日本人スタッフにオススメされた教材がこれです。

この本は日本語の文を英語に「瞬間的に」変換するための本です。中学1年生〜3年生まであって、約70項目くらいあります。

例えば、「あの男の人たちは誰ですか?」みたいな簡単な文から、関係代名詞とか聞くだけで頭が痛くなるものまであります。

これが僕にとっては結構効果があって、結局僕たちは文章で見ればそれとなく英語は理解できるけど、会話となると全くわからないんです。

さっきあげた例文を一瞬で何も考えずに、答えが出てくるようになるとスムーズに話せるようになってきました。

(ちなみに、答えは「Who are those men?」です。僕、those(あれら)とthese(これら)系の文が苦手でしかも発音しずらいので苦戦しました)

日本語でもそうで、日常的な会話って頭では考えてないですよね。「毎日、何時に起きる?ー7時くらいかな?」とか全然考えないでも出てきますよね。

それくらいの感覚で英語も出てくるようにするためにはとにかく繰り返しやっていくしかないんだと思います。

文法?やったほうがもちろんいいと思いますけど。。。

僕が日本でやってた教材はこれです。学校の副校長先生が紹介してくれたので、これをやってました。っが、個人的にはこれをやるよりも瞬間英作文をやってた方がよかったなーと思いました。

っというのも、瞬間英作文をやっている中でわからないことが出てくるんですよ。

っで、それをネットで調べる。

それを繰り返したほうが、英語を喋るという意味でも、自発的に英語を学ぶという意味でもいいと思いました。

結局僕は、この本をやっていても高校生の時みたいに、とりあえず「教科書をやっておこう」みたいな、ゴールが全然定まらない状態だったので、あんまり効果がなかったです(もちろん多少なりは意味があったはずです。うん、きっと。)

あと3週間!やばいぞ!

残す所あと3週間!やばいぞーっとかなり焦ってます。

最初にここに来たときよりはもちろん成長してます。

超簡単なことは相手が何を言っているのかわかるし、カフェで店員さんとちょろっと会話するくらいにはなりました。

けど、これじゃアカンぜよ。。。

っと感じている次第です。もう次に行く国のチケットも取ってしまいましたし、、、

 

ってな感じで!フィリピンに来て1ヶ月経っての感想でした!

誰かの参考になればー!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
フィリピン滞在記思ったこと
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント

  1. すずき はなこ より:

    <<「なんで俺、ここにいんの?え、小学生でも英語話してんだけど・・・」
    この気持ち、わたしもHawaiiで味わいましたよ。
    一か月目あたりは特にそうです。
    英語の上達は、大きな階段のステップに立っているようなものです。
    その段にいるときは、前方には壁しか見えず、いつになったら次の段に上がれるのか…と思っているうちに、いつの間にか次の段に上がっていて、また前方に壁が見えます。
    がんばらずにがんばってください。

    そして、いくら一生懸命勉強してきても、
    ネイティブには絶対かなわないということを嫌というほど叩き込まれてきてください。
    英語が好きになるのは、それからですよ~♪
    先に「降参」しておく方が、気楽です。

    お体に気を付けて。
    Have fan!

    • はなこさん!
      ご無沙汰してますー!
      いやー、もう本当壁しか見えないです(笑)
      けど、はなこさんが言うように、降参して、それでもとにかく自分がわかる英語で
      とにかくシンプルに話してみようと思ってからはすごく成長した気がします。
      あと、言語は一朝一夕では身につかないということを身をもって体感できたのもいい経験でしたし
      それはつまり、諦めずにコツコツとやっていれば一段づつ階段は上がっていけるということだとも思いました。

      昨日無事に日本に帰国しました!このあと、ニュージーランドに行きますが
      引き続き英語も勉強しつつ、色々と学んでこようと思います。