【フィリピン→NZ留学4週目】ホームステイをして、いよいよ卒業!

卒業証書 ニュージーランド滞在記

ども、さくぽん(@sakumanxです。

ニュージーランドに来て4週間が経ちました。当初の予定+1週間延期してこの街に滞在することにしました。

そして、地味に昔からの夢だったホームステイをすることに!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語の方はどんな感じ?

English only

ニュージーランドに来てから早いもので1ヶ月。。。ここまでのブログでも散々英語が聞き取れない・・・と嘆いてきましたが、徐々に慣れつつある気がします。

リンジー

ボクの先生はLindseyという女性で、彼女はアメリカ人です。なので話す英語がアメリカンイングリッシュです。ボクにとっては聞き取りやすいのと、「アメリカンではこういうけど、ニュージーランドではこういうわね!」みたいなことをちょくちょく授業で教えてくれるので分かりやすかったです。

っとはいえ!スーパーとかに行ったり、町中でネイティブの人と話そうとなるとまだまだ聞き取れない・・・道のりは長い。

ホームステイに変更したよ!

ホームステイ先

今までは学生寮に住んでいたのですが、地味に長年の夢だったホームステイをしてみることに。

ボクが滞在させて頂いたお宅は、マイク・ドーナ夫婦に、ジャスミン・ジョシュア・ディランの3人兄弟、それとカワイイ猫1匹の素敵なご家族でした。

自宅でBBQ

週末には知人を招いてBBQをするということでご一緒させてもらいました。

ジョシュア ディラン

ジョシュアはラグビー好き、ディランはポケモン好きで、そんなにたくさん話す機会はなかったけれど、一緒にサッカーやったり、ポケモンのカードで遊んだり。

2人ともいかにもイケメンになりそう!というような顔立ちで「あー外国にいるなー」っとふと思いました。

家族みんなすごく仲がよくて、一緒にお風呂に入ったり、「Ryo!ビーチに行ってくるね!」なんていって出かけていました。

ニュージーランドも様々な問題がある?!

マウント・クック

BBQを楽しんだあとに、ホストファザーのマイクとホストマザーのドーナと少しだけ話をする機会がありました。

ドーナはもともとイギリスのサウサンプトンの生まれで、両親とともにニュージーランドに移住。

そして、Whitiangaに来る前はオークランドに住んでいたそうです。なんで移住したのか気になって聞いてみたのですが

「オークランドは、仕事ばっかりなのよ。ストレスも溜まるし、渋滞ばっか。それに移民の人で溢れててとにかく大変なのよ。その点、ここは信号もないし、子どもたちとの時間もたくさんとれる。だからここに来たの」

って行ってました。

「あー東京と同じだなー」なんて思ったボクですが、良くも悪くも(?)ニュージーランドは移民の国なので(原住民はマウリといいます)、西欧系の人ばかりではなくアジア系、インド系の人もたくさんいます。

勝手な想像で、もっとハッピーな国なのかなーと思ってたんですけど、勝手に残念に思っていました。

むしろ、日本は移民の受け入れをこれからどうするか、みたいな話で、仕事自体は選ばなければたくさんあるし、

そういう意味では東京に生まれ育ったってのは本当に恵まれていることなんだなーと改めて思いました。

学校はどうだった?!

COLC

週末、金曜日に学校を卒業しました。この学校の紹介は、別途.HYAKKEIさんで紹介させて貰う予定なのと、また別記事で色々と述べたいですが

とにかく!ここに来てよかったな!って思いました。

もちろん全部が全部うまくいってたわけではないですし、不満に思う所もあるんですけど

とにかくアウトドアアクティビティが楽しいし、スイスやドイツ、フランス人と友達になれたり

パプに行って皆と飲んだり、楽しい思い出ばかりです。

英語学習ってとこだけにフォーカスすると正直フィリピンの方がいいかなーと思いますが、ここに来ることによって、西欧の人たちと会話することに慣れることができた自分がいました。

これはこれで貴重な経験。英語って話せても慣れてなかったり、ちょっとキョドったりすると全然通じない。慣れて堂々と話せるようになれたのが良かったかなー!

まとめ

卒業証書

ってなわけで、つらつらととりとめもない感じで書いてきました!

Whitianhaという街は、ビーチがすぐ目の前にあって、小さいながらもスーパーや商店もそれなりにそろっている、ちょうどいい感じの街でした!

特に!ホームステイをした経験は、ボクの長年の夢でもあったので、本当に忘れられない経験にもなりましたし

いつか自分が地方に家を持ったら、今度はボクが受け入れ側として外国人にホームステイしてほしいなーと思いました!

 

さて!いよいよ!

ニュージーランドぶらり旅が始まります!

当初の予定ではこっちで働こうと思ってたんですけど、自分の英語力のなさや働いていたらあっという間に夏が終わってしまうということで、

まずは旅を優先することにしました!

これからもこちらのブログも更新していきますので、よろしくお願いしますー!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド滞在記海外
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント

  1. あにゃむにゃむ より:

    去年からなんとなくキャンプを始めた超初心者ファミリーです。
    なんとなく初めてしまったが最後、アウトドア完全にドはまりしてしまいました…。
    私たちは北海道という広大な自然に住んでいることもあり、とても恵まれた環境であると
    思います。

    ただ、時間がない。
    お金が、ない。
    一生懸命働いてはいるけれど。
    その上、子供や将来のことを考えるうちに財布の紐は
    その漠然とした不安からどんどん固くなる。

    そんな時出会ったのがさくぽんさんのブログでした。

    さくぽんさんのブログに出会ってから
    私の、この凝り固まった考えが徐々に軟化してきているのが自分でも
    よくわかるんです。

    さくぽんさんのブログ、これからも
    楽しみにしています。
    陰ながら、応援しています。
    またコメさせてくださいね^^

    • コメントありがとうございます!
      アウトドアに完全ドハマリですか。。。いいですね!(笑)

      ボクは自分で家庭をもっていないので、その重圧というかプレッシャーのようなものは
      わからないのですが、
      それでも少しづつ何かが動き始めていて
      そのキッカケがボクのブログであったらすごく嬉しいです。

      これからもよろしくおねがいします!