ニュージーランドで中古車を購入!必要なもの、やったこと、苦労したことをすべてまとめておきます。

ニュージーランド滞在記

ども、さくぽん(@sakumanxです。

ニュージーランドを旅するためには必須といってもいい車。今回は英語もろくにわからないボクがニュージーランドで中古車を手に入れるまでにやったこと、失敗したことをせきららに書いておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニュージーランドの中古車、どこで探す?

20161216-img_6251

ボクが中古車を探す上で行ったのが、

  • ネット(トレードミー)を見ること
  • 街の中古屋さんに行くこと
  • 路肩に停まっていて値札についている車をよく見る

この3つでした。

最終的には、トレードミーで車を探して、販売元がディーラーだったためディーラーのHP上から購入といった流れでした。

ニュージーランドの中古車市場

ニュージーランドの中古車市場は日本以上です。ニュージーランドの自動車メーカーは存在せず、体感的にですが7割くらいが日本車です。

トヨタ、ホンダ、三菱、マツダなどなど、もちろんヒュンダイなどの韓国車、BMWやベンツなどのドイツ製の車もありますが、日本車率が相当に高いです。

僕らみたいな中長期の滞在者だけでなく、ニュージーランドの人たちも中古車の売買をよく行うそうで、壊れにくいという日本車の特性もあってか、日本車の流通量が多いそうです。

日本では10万キロ走れば、そろそろ買い替えか・・・なんてタイミングですが、ニュージーランドでは10万キロは序の口。20万キロ後半の車も普通に取引されています

ボクが買った日産の車

実際にボクが購入した車は日産のウィングロードで13万キロ走っていて約25万円でした。かなりボディに傷がついていて安かったのですが、これくらいの値段の車が大小問わずゴロゴロ転がってます。

トレードミーって何?

ニュージーランド人がよく使うサイトがトレードミーというオークションサイトです。日本でいうところのヤフーオークションみたいな感じです。

車以外にもアパートやアウトドア道具、バイクなどなど日本同様に様々な物が取引されています。

ここで自分の欲しい種類の車を値段や年代別、メーカー別など項目を絞って探すことができます。

ニュージーランドで車を購入するならば、このサイトをチェックしておいて損はないです。

カーフェアにいく。

こちらは、ボクの知り合いのニュージーランド人に教えてもらった中古車購入の方法です。オークランドなどの大きめの街の周辺で毎週日曜日、中古車を販売するマーケットが開かれます。実際に車をみて購入することができるので、車に詳しい人、もしくは詳しい人と一緒に行くことができるのであれば、ここでの購入もいいかもしれません。

ディーラー、ガレージで購入。

9ac6c970-fa43-4564-a477-9ae3bce2f98a

こちらは日本の中古車販売で車を買う感覚です。実際にディーラーのもとへ行って試乗したり、色々と質問をしながら見定めることができます。ボクがいたフィティアンガという街には1つだけガレージがあったのですが、街が小さいために車の数も少なくお目当てのものがありませんでした。

ですが、日本人的にはこの方法が一番いいでしょう。実際に自分の目で見て決めることができますし、購入後の書類のやりとりまでやってくれる場所もあります。

フェイスブックグループで探す

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-%e5%8d%88%e5%be%8c3-25-34

トレードミーがあるように、ニュージーランドは個人間での売買が盛んです。そのため、フェイスブック上でその街の売買グループが存在します。こちらに参加する旨の申請をしてお目当ての車を探すのもいいかもしれません。

ボクもこのグループに参加しましたが、同じく街の規模が小さいがゆえに中古車の流通量が少なく、こちらではお目当ての車は見つかりませんでした。

車を買う予定のある方は、オークランドやクイーンズタウンなどの大きめの街にいる間に購入してしまったほうがいいでしょう。

車を買うために必要なものって何?

車を買うために必要なものは3つです。住所、国際運転免許、お金、この3つです。

住所は当然、登録のために必要です(できれば電話番号も。無くても大丈夫でしたが、何かあったときのために)。

国際運転免許証は自分が住んでいる各都道府県の警察署で発行してもらうことができます。ボクの場合は東京都だったので板橋警察署へ行きました(手数料2,400円)。

支払い方法は、購入先によって変わります。銀行振込が主な方法のようですが、ディーラーなどの法人が相手であればクレジットカードを使用することもできます(ただし、手数料として2~3%ほど追加でかかります)。

ニュージーランドに来る方は、おそらく国際キャッシュカードを持っていると思いますので、そちらで現金をおろして、銀行振り込みをすることも可能ですよ。

ボクが実際に買った方法。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-%e5%8d%88%e5%be%8c3-19-20

ボクは学校に通っていて、当時は学生寮に滞在していました。ネットで情報を収集したり、実際にディーラーに行ってみたり。実際に購入を決めるまでに2週間ほど迷いましたね。

ハッキリいって英語力が全然足りないので、どうしたらいいのか全然わからずにかなり苦労をしました。

ので、学生寮に滞在していた夜間マネージャーのマックスに助けを乞うて手伝ってもらいました。

ニュージーランド人は基本的にみんないい人なので、困っていたら何かと助けてくれる印象です。

っで、ボクはというと、トレードミーでお目当ての車を見つける→ディーラーが販売しているものだった→ディーラーのHPに行く→無料会員登録をする→購入するという流れでした。

・・・・そう、試乗すらしてないっていう・・・。かなりリスキーです。真似しない方がいいと思います。

ですが、ニュージーランドの法律で、ディーラーから車を購入した後1年以内に車に不良が起きた場合には保証してくれると聞いていたので、もうえいや!で決めてしまいました。正直これ以上迷っていてもストレスがたまるだけだったので。

っで、その場でクレジット購入。住所などの必要事項を記入して終了です。楽天で買い物するくらいな感覚で車を買うことができました。3190ドルなり。

自分で車を取りに、オークランドへ。

0a48d929-4a69-4168-87ec-a812d90adbb6

サクッと25万円の購入をするという、自分の人生でカメラに次ぐ高い購入が中古車だったわけですが、なんとディーラーから来たメールによると2営業日以内に取りに来ないと1日当たり15ドルの保管料がかかるということ・・・!というわけで、次の日にとりにいくことに。

ちょうど購入したのが土曜日で、こちらのディーラーは日曜日も営業をしていたので取りに行けました。

フィティアンガ→(バス)→オークランド→(電車)→ペンローズ→徒歩です。

我ながらこういう移動は旅していた時にやっていたのでわりとスムーズに行きました。今はSIMを差し込めばiPhoneなどで現在地からの行き方がリアルタイムでわかるので便利です。

っで、現地に到着。受付に行くと支払いを先にしてほしいとのこと。

そう、ネットでの購入時は前払い金として500ドルを支払っていて、現地で残りの2,700ドルを支払いました。

ここで必要なのは、ボクの場合はクレジット支払いだったのでクレジットカードと国際運転免許証だけでした。

住所証明書とかひつようなのかな・・・とか思ってませんでしたけど、「登録したこの住所で間違いないよね?」「はい」っていうやりとりだけでした。ゆるい・・・。

その後、受付周辺で10分ほど待っていると車を玄関まで回してきてくれたみたいで無事に受け取り!そのまま乗って帰りました!

買った後に必要なこと。

所有者変更の届け出をする必要があります。っが、ボクの英語力のなさもあってか、たぶんディーラーの人がそれっぽいものをやってくれていたと思っていたんですけど、実際にはできてなかったぽいです。

これがいつ発覚したのかというと後述する税金の支払いをしに郵便局へ行った時でした。あなたはまず「ガレージに行く必要があります」と言われて、ガレージに行ったら全部やってくれました。マジでニュージーランドの人たち優しい(もちろんそれが仕事なんですけど)。

本来ならば、所有者名義の変更だけでいいそうですが、ボクが購入した車がもともとレンタカーだったみたいで、事業用→個人用に変更する手続きが必要だったみたいです。

車検と税金の支払い

これが車検

これが車検

ニュージーランドでは、車を所有するためには車検と税金の支払いが必要です。車検は「WOF」で税金はREGOと言われてます。ボクが買った車は車検を通した後だったので「」に関しては関係なく、税金を払うだけで良かったです。ボクが買った日産のウィングロードは半年の支払いで60ドルでした。年間計算で1万円いかないので安いですね。

こっちが税金

こっちが税金

車両保険、どうする?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-%e5%8d%88%e5%be%8c2-52-03

NZの保険会社

そして!まだやることがあります。これが最後で、保険についてです。

ニュージーランドは日本よりも安全な国といわれていますが、日本国内でも悪い人がいるようにニュージーランドも例外ではありません。

また田舎に行くと路面状態が悪く、飛び石でフロントガラスが割れてしまうことも多々あるそうです。

それらもろもろをカバーする車両保険に入りました(あとは車の盗難、炎上も含みます)。

支払いは年間で500ドルほど。高いといえば高いんですけど、日本比べれば安いです。フルカバーでこの値段ですからね。そんなにいい車を買ったわけではないので尚更です。

安い保険も存在していて、年間で200ドル未満のものもあります。

ただボクの場合はカメラやパソコンなどの電子機器、アウトドア用品など、もしも車上荒らしに合ってしまった時にも対応できるようなコースにしました。

まとめ

ってなわかで、ニュージーランドで車を購入するために必要なことをまとめておきました。

  • トレードミーやフェイスブックグループ、カーフェア、ガレージで探す。
  • 購入後は所有者変更手続きを。
  • 車検、税金が必要。
  • 値段はピンキリ。ボクが買ったのは2003年の日産ウィングロード、13万キロ。
  • 車両保険はフルカバーに加入。

ってな感じでした。

安物買いの銭失いにならないといいのですが、、、そのために一応保険にも入りましたし、日本車の日産を選びました。

壊れるかどうかはわからないし、出国する時に売れるかどうかもわかりません!けど、車を買わないとできることが制限されてしまうのがニュージーランドです。

約半年は滞在しようと思ってますので、この車がどうなるのか乞うご期待ください(笑)

追記:最終2100ドルで売却できました!

2017年3月にこの車を売却して日本へ帰国しました。

それまで目立ったトラブルは一度もありませんでした。走行距離は2万キロ弱。普通3ヶ月でこんだけの距離を走ることはそうそうありませんが、さすがの日本車。故障なしで助かりました。

売り先は個人の方です。

ニュージー大好き.comの掲示板で掲載して3〜4名の方から問い合わせがあり、購入していただきました。

3190ドル→2100ドル。3ヶ月車を乗り倒して実質かかった車両代金は1090ドル(日本円で9万円くらい?)1ヶ月でみると3万円でした。うん、これならいいでしょう。

長期でニュージーランドに滞在する予定の人は買っちゃった方が何かと都合がいいですよ!

関連記事:ニュージーランド旅のお供に「地球の歩き方」がオススメなり

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
ニュージーランド滞在記海外
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント