【ドゥマゲテ語学留学ブログ】オスロブでジンベイザメと一緒にシュノーケリング!

ジンベイザメ フィリピン滞在記

ども、さくぽん(@sakumanxです。

フィリピン・ドゥマゲテのWe’llで2ヶ月間、語学留学をしました。今回は週末の過ごし方、シュノーケリングの紹介です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オスロブでジンベイザメとシュノーケリング!

ジンベイザメ

まさかまさかの、ジンベイザメを見ることができる場所が、フィリピンのセブ島にあります。

僕が通っていたウィルはドゥマゲテにあるので、フェリーとバスを乗り継いでいきます。こんな機会なかなかないので、ぜひチャンスがあれば行ってみてください!

それでは、行き方などを細かく紹介していきます。

行き方(まずは学校からシブランへ)

sibulan

まずは学校からハイウェイに出ます。そこでジプシーを捕まえます。5分くらいまでは必ず見つかると思います。

ジプシーに乗ると、15分〜20分くらいでシブラン(sibulan)というフェリーターミナルのある街につきます。乗車料金は10ペソ。降りる時に支払います。

sibulanのチケット売り場

sibulanのチケット売り場

そして、こちらがチケット売り場です。1時間に1本、FASTCRAFTという船が出ているので、並んでチケットを購入。

sibulanチケット

こちらがチケット。これ2枚で、Liloan(リロアン)という対岸にある港に行くことができて、かつ、ジンベイザメが見れるオスロブまでバスで行くことができます。値段は62ペソ。

なので、ここでチケットを買う時に、「オスロブに行きたい!」と伝えてください。

Liloan(リロアン)からはバスに乗る。

ドゥマゲテバス

こういうバスが待ち構えているので、乗組員チケットを見せながら「オスロブに行くよ!」と伝えてください。30分くらいで到着します。

ここでトライシクルのオッチャンたちが営業してきますが、先程のチケットの中にすでにバス乗車料金が含まれているので、無視してバスに乗り込みましょう。行き先はセブ行きで、途中下車する場合などもあります。

オスロブ到着!

オスロブ

オスロブに着いたらバスを降ります。降りる場所にもよるのですが、ダイビングショップ的な場所があって、そこで説明を受けます。多少日本語が話せる、気さくな店員さんがいました。

僕達がここで払ったのは、オスロブシュノーケリング30分(レンタル込み)で1,200ペソ、そして、スミロン島という超きれいな島に行くことができる乗船+30分シュノーケリングで1,000ペソでした。

ただし、ここはいわば代理店?的な場所なのか、後で案内されたところにいくと

オスロブ料金表

シュノーケリングは1,000ペソと。僕も知り合いから1,000ペソと聞いていたので、アレ?と思いましたが、週末料金かなーなんて思って受け入れてしまいました。

まぁ500円くらいの差なのでそんなに大したことはないんですが。気になる人は、勧誘されるがままに行かずに、ビーチへと続く道を進んでいきましょう。

待望のジンベイザメ!

こういう船に乗り込みます。っで、すぐ近くで船を下りて、泳ぎながらジンベイザメをウォッチ!

20161022-pa220803 20161022-pa220846-2

僕がいた時は7〜8匹見れました。なんでこんなに見れるのか、種明かしをしてしまいますと、この辺の人たちが毎朝ジンベイザメにエサをあげているからです。

そのエサを求めてジンベイザメが寄ってきて、それを我々が楽しむという構図です。なので、まぁよっぽどのことが無い限りサメに襲われるなんてことはないと思います。

ただ、一応事前説明で「フラッシュ撮影禁止、日焼け止禁止」などの注意を受けますので、それはしっかり守りましょう。

その後は超きれいなスミロン(Sumilon)島へ

20161022-img_4409 20161022-img_4474 20161022-img_4426

いやはやもうここは説明なしです。超きれい。僕が2ヶ月フィリピンで過ごした中で一番感動しました。

シュノーケリングも十分楽しめますが、透明度が抜群のビーチが最高に気持ちいいです。

ここへは船で約15分くらいで行くことができ、かつ、スミロン島を出発する時間は自分たちで選ぶことができます。

カップルなんかでいったら楽しいので、またぜひともここには行きたいですね!

帰りはどうしたらいい?

帰りは来た道を戻ります。っということは、リロアンに戻るということです。ここが1つの難問で、バスがなかなかありません。

ので、僕たちはたまたま居合わせた外国人同士でトライシクルをシェアして帰りました。1人50ペソ。

めっちゃ営業してきて「1人200ペソだ!」なんていうトライシクルのオッチャンもいますので、気をつけてくださいね。

っで、リロアンについたら再びフェリーに乗船して、シブランへ。

リロアンからのチケット

リロアンからのチケット

シブランからドゥマゲテも気をつけてね!

ジプシー

シブランについたらここでもまた営業してくるオッチャンがたくさんいます。ほぼ満員のジプシーに乗れれば10ペソで再びドゥマゲテ市内に戻ることができますが、人数が合わないと300ペソとか言われます。

そんな時は、港を背にして5分ほど歩くとメインストリート(ハイウェイ)に出るので、そこで流しのジプシーを捕まえましょう。すると、行きと同様に10ペソで帰ることができます。

まとめ

ってな感じで、ジンベイザメと泳げるオスロブと、超海がキレイなスミロン島を紹介しました。ドゥマゲテにいる、あるいはセブに留学している人もわざわざ来るくらい、ここは有名な所みたいですが、それもそうだろうなっと思えるくらいに楽しめる場所でした。

特にスミロン島は超キレイでしたね。

水着さえ持参すれば、あとは全部レンタルできます(水中カメラも)ので、ぜひ楽しんでください!

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
フィリピン滞在記海外
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント