【ドゥマゲテ語学留学ブログ】市内に日本食レストランってあるの?ご飯はどうする?

フィリピン滞在記

ども、さくぽん(@sakumanxです。

フィリピンのドゥマゲテでの語学留学滞在記を書いています。今回は食事について!日本食レストランがあるのか、そして現地の食事ってどうなのかを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドゥマゲテ市内にも日本食レストランありますよ!

img_4360

2〜3週間の滞在ならまだしも、1ヶ月を超える滞在だとどうしても日本食が食べたくなってしまう、それが僕ら日本人だと思います。

フィリピンの食事は基本的にしょっぱくて、油を大量に使います。その点、僕は結構苦手だったのですが、僕が通っていたWe’llでは日本人向けの食事を提供してくれます。

っが、それでもやっぱりフィリピン人が作る日本食はちょっと違う・・・っていうのはもう仕方ないですよね。

っで、ドゥマゲテ市内に日本食レストランがあるのかという疑問ですが、3つほどあります!

日本人シェフ。安定のKIYOSUKEレストラン

img_4369

ドゥマゲテ市内には3つの日本食レストランがあります。「Kiyosuke」と「三船レストラン」、「若木」の3つです。

しかし、長期滞在の日本人スタッフ曰く、Kiyosuke以外は日本人経営ではないので、ちょっと味が・・・とのことでした。

なので、僕はKiyosukeレストランに通いつめました(笑)

メニューはこんな感じ

img_4366

メニューはこんな感じです。フィリピン人からすると若干高めの設定ですが、我々からしたらそでもないです(全部500円以下で食べられます)。

シェフが日本人だけあって、味も日本人向けに合うようになってます。運が良ければ刺し身を食べることもできますよ!

ちなみに、フィリピンのローカルレストランってどんな感じ?

僕はドゥマゲテ内のメインストリートとブルーバードと呼ばれる海沿いの道との間にある、このレストランによく行ってました。

カレーとコメと春雨サラダ、コーラでたしか90ペソくらい(100円)でした。安く済ませたいならこういうローカルな場所がいいです。Kiyosukeだとざっくり2倍くらいの値段設定です。

列に並んで、「これください」っと注文し、最終的にオボンにのっている分だけ支払いをするスタイルです。フィリピン人に人気みたいで、お昼時、夕飯時はかなり並びます。

中華に、ファストフードに、洋食レストランも

こちらは市内のド真ん中にある「チャオキン」という中華料理屋です。ここはざっくり100ペソ〜130ペソくらいで、チャーハンや揚餃子などが食べられます。

こちらはマクドナルドに対抗したフィリピンのローカルファストフードのジョリビー。

あとは洋食レストランも結構あって、もちろんお値段が高くなりますが、日本円で500円〜800円くらいで美味しい洋食が食べられます。

その他、韓国料理屋さんも何店舗かありますので、フィリピン料理に飽きてきたら、一度東アジアの味を食べるのがいいかもしれませんね。

アルコールももちろん飲めます!

フィリピンでは「サン・ミゲル」というビールと「レッドホース」というビールが地場のものです。

値段は場所によってまちまちですが安い所で35ペソ〜60ペソ(80円弱〜130円くらい)で飲むことができます。マンゴーシェイクとかを頼むよりも安いです。ビックリ。

Kiyosukeレストランマップ

キヨスケレストランだけ少し町のハズレにあるので、マップを載せておきます。

街自体がすごく小さいので、ファストフード系は中心地に、洋食レストラン系は海沿いに多いです。

kiyosuke以外の日本食レストランも市内(ダウンタウンとみんなは呼びます)にあります。Googleで三船や若木と入れてみてください。

この記事を書いた人
佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。 好きなことを仕事にしようとして会社員を1年10ヶ月で飛び出した旅人。月間最高80万PVのキャンプブログ【https://camp-in-japan.com/】を共同運営。 フリーランス4年目。好きなことが仕事になりました。
佐久間 亮介をフォローする
スポンサーリンク
フィリピン滞在記海外
シェアお願いします!
佐久間 亮介をフォローする
若気の至り | 佐久間亮介公式ブログ

コメント